FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)

空からチバを見てみよう

 Google Earthがサービスを開始した時、地上数十mまで迫れる解像度の地域や、おもしろ地形を眺めるのがちょっとしたブームになりました。ちょっと前にもテレ東「空から日本を見てみよう」が流行りましたよね。地上の生き物である人間が、本来手に入れることの出来ない視座を疑似体験できる喜び、ちょっとした優越感。普段はどうあがいても見ることの出来ない景色への感動。航空写真というものは、人をわくわくさせます。
 僕は最近、千葉にあると言われている物件を航空写真から探すということをやっていました。その中で、千葉県沿岸部の面白い地形とかを見つけたので、ちょっと紹介したいと思います(探していた物件は、ほぼ特定いたしました!後日現地指導して、報告しますね!)。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)



その1。

大きな地図で見る
なんか、東京湾アクアラインのそばに、初期の胎児みたいな気持ち悪い形の地形がありますね…なんか、荒地みたいでなんにも使ってなさそうですが、この目玉みたいなのは一体…?
 調べてみたらありました!「盤洲干潟浸透実験池」というそうです。目的は、君津市に進出した新日本製鉄株式会杜が鉄を冷却するため、小櫃川の流水を使用する計画の実験を行なっていたものらしいです。しかし、塩分濃度が高いため断念したそう。周辺には当時のコンクリ遺構が多数残っているらしい。今では池はカワウの営巣地になっているとか。工業地帯をバックに荒廃した土地とカワウたち…いずれ、機会があれば行ってみたい珍スポットである。

その2。

大きな地図で見る
ご存知館山の海上自衛隊航空基地。元々この基地の両隅にある沖ノ島と鷹ノ島は、沖に浮かぶ島だったんのですが、近代に入って帝国海軍が基地を造るなかで地続きになりました。基地は海軍航空隊から引き継がれて使われている他、沖ノ島、鷹ノ島には防空壕や地下壕など、アジア太平洋戦争当時の遺構が多数残されています。
 ここは僕も行ったことがあって、鷹ノ島には戦前の水産研究施設の遺構も残っています。
P1040703.jpg

その3。

大きな地図で見る
この縮尺にして、富津要塞周辺を眺めると…これ何でしょうか。多分この海域を撮影した時期のみ浮かんでいたものだと思うんですが、なにかの養殖?それにしても、かなりの大きさのイカダ的なサムシングが大量に浮かんでいます。スクロールしていただけると分かるのですが、南の方に行くと次第にイカダ?が小さくなっていき、フェードアウトするように消滅します…ホント、何なのでしょう…
 あと、富津要塞のあった岬から沖の方にあるのが、人工島「第一海堡」ですね。普通要塞と第一、第二、第三(水没)海堡、そして猿島を結ぶ形でほぼ一直線に東京湾要塞が形成されていました。航空写真を見ると、第一海保から岬まで、うねるような形で白っぽく波ができているので、海の浅い部分がつながっているのが分かりますね。海堡は比較的海底の浅いところに作られたんだな、と分かって面白いです。


にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へ
にほんブログ村
↑ぼくのツボです。一日一クリックで痛気持ちいいので良ければクリックお願いします…
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

筏の正体 ina-bou : 2012/03/10 (土) 13:09:10 修正

筏に見えるのは、海苔ひびといって、養殖用の網ですね。
震災のときに大きな被害を受けています・・・

Re:筏の正体 残留農薬 : 2012/03/12 (月) 23:28:06 修正

>ina-bouさん
コメントありがとうございます!
海苔養殖の網なのですか…そういえば東京湾は海苔が有名ですね。
震災で被害があったのですか…これだけの規模で展開させるものですから、相当な数が千葉県にあるということですよね。震災の被害額もかなりの額にのぼったものと想像いたします…
それにしても、衛星から見えるくらい大きいのですね。びっくりです。
修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。