スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)

四月の読書とバチガルピ

四月は新歓だの履修だので、あんまり読書の時間をとることができなかった。そのため、読んだ本の半分以上がゼミの課題図書という情けない状態である…
そんな中、先月は唯一のSF作品となったパロオ・バチガルピの『第六ポンプ』についてオススメしておく。

235002.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)


パオロ・バチガルピ…耳慣れない、噛みそうな語感の名前だが、『ねじまき少女』でご存知の方もいることだろう。僕はまだ読めていないが。この『第六ポンプ』には、表題作の他にも『カロリーマン』『イエローカードマン』といった、『ねじまき少女』と世界観を共有する作品など全10篇の短編小説が収録されている。これを読んだせいで、早く『ねじまき少女』が読みたくなってきた。

全編に共通する特徴は、ズバリ「ディストピア」である。それぞれのセカイは環境汚染といった要素を共有しつつも、扱っているテーマは様々にわたっている。オーウェル的な窮屈な管理社会はあまり描かれない。環境汚染によって生活をガラリと変えざるを得なかった人間の生活が克明に、汚らしく、しかし溌溂と描かれる。
特に、彼は本当にゴミゴミとした「アジア的喧騒」とも言うべきものを描くのが上手である。衛生的ではないが、エネルギーに満ちたあの感じ。これはバチガルピの中国生活経験が活きているのだろう。それは、『ポケットのなかの法(ダルマ)』で格差・環境汚染・チベット動乱など、現代中国の抱える病巣を未来社会に仮託して見事に戯画化していることからも分かるだろう。
だからこそ、バチガルピの描く人々は貧しいが強かで、生き生きとしている。だからだろうか。ディストピア物を読んだ後とは思えない爽快感が、この『第六ポンプ』にはあった。元気がもらえるディストピア。読んでみてはいかがだろうか。

蛇足だが、僕はバチガルピの短編を読んでいて凄く諸星大二郎の作風に近いものを感じた。これは後日取り上げたい。



4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1399ページ

変わる中国 変わるメディア (講談社現代新書)変わる中国 変わるメディア (講談社現代新書)
読了日:04月30日 著者:渡辺 浩平

「中国のしくみ」が手短にわかる講座―経済成長を続ける巨大国家の実体を探り、その行方を見極めるために (らくらく入門塾)「中国のしくみ」が手短にわかる講座―経済成長を続ける巨大国家の実体を探り、その行方を見極めるために (らくらく入門塾)
読了日:04月22日 著者:田畑 光永

第六ポンプ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)第六ポンプ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)
読了後、テンション下がった(笑)。現代中国、伝統文化と文化侵略、資源と環境、技術と社会といったテーマが、数篇の短編ディストピアに戯画化されている。だるーい気分になれる。個人的には『ポケットの中の法』『第六ポンプ』がオススメ。特に、大学生には『第六ポンプ』を読んで欲しい。
読了日:04月19日 著者:パオロ・バチガルピ

高校紛争 1969-1970 - 「闘争」の歴史と証言 (中公新書)高校紛争 1969-1970 - 「闘争」の歴史と証言 (中公新書)
そうか、我が校の「教養総合」は自主講義のリバイバルだったのか… 教育はコンテンツのみならず、生徒という人間と教師という人間との関係性についても考えないといけないものなのだと再認識した。そして、自治意識が高まったw 今後教育について考える時は、生徒自治の観点を重視したい。
読了日:04月18日 著者:小林 哲夫

メガチャイナ―翻弄される世界、内なる矛盾 (中公新書 2106)メガチャイナ―翻弄される世界、内なる矛盾 (中公新書 2106)
デカい。話の規模に圧倒される。13億人のこいつらを正面切って相手にしないといけない局面なのかー…。多様性多面性のカタマリである彼らをカタマリとして捉える困難さ、或いはカタマリとして治める困難さを社会の様々な面から切り取ろうとしている本。面白かったが、如何せん新聞の連載なので、もっと興味を持った箇所については更に知る必要があるな。
読了日:04月18日 著者:読売新聞中国取材団

関連記事
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。