FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)

50km激走!その2―「旧国鉄鶴見線石油支線(前編)」

石油1 石油2
 次第に川沿いは鶴見らしい雰囲気に。道も無くなってきたので、そろそろ川辺を離れて中継ポイント「JR鶴見線安善駅」へ向かう。狭い道が多く、広い道はトラックが最優先に設計してあるため歩行者はかなり離れた間隔で設置されている歩道橋を使うしかない。自転車は自転車専用横断歩道が設置されているのだが、そこに平然と歩行者が渡っていたりする。鶴見の幹線道路を渡ると、車が「鉄の塊」であることを実感する。
石油3 石油4
 川沿いを離れて20分弱。ようやくJR鶴見線の線路に行き着いた。線路の向かい側には埋立地に並ぶ工場群が遠望できる。あまり活気は感じられない…。安善駅に近づいていくと、線路上に多数の燃料輸送タンク車が並んでいるのが見えてきた。嫌が応にも石油支線への期待を膨らませてくれる。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)


…と、ここでちょっと説明しておきたいが、この石油支線、「廃線」とはいえ今でもバリバリ?現役である。この支線は、JR鶴見線の廃止区間ではあるものの、「安善駅構内の線路」という形で運用されているのだ。用途は、後述したい。
石油5 石油6
 安善駅に着いた!「安善」の名は、鶴見線の前身「鶴見臨海鉄道」を後援した安田財閥の「安田善次郎」からとったものだそうだ。福福しい名前である。石油支線は、この駅の手前から分岐して、垂直方向、つまり向かいの埋立地を貫く形で伸びている。この線路に並走する道路を辿って、石油支線を見ていこう。途中、外人さんのランナーに挨拶された。
石油7
しばらく歩くと、線路をまたいだ敷地に入るために、踏切が設置されている。
石油8
と、もうお分かりいただけると思うが、コレ、米軍基地である。NAVSUP(米海軍供給システム司令部)の管轄下にある基地で、関東の米軍へ供給する燃料の備蓄・管理を行なっているのだ。(※何かマズい写真があったら連絡してくださいね!
石油9石油10
線路は曲がることなく、一直線に続いている。さあ、まだまだ行くぞッ!
↓僕のツボです。一日一クリックで元気!
にほんブログ村 旅行ブログ 珍スポット・B級スポットへにほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 旅行ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

トラックバック:


<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。