スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)

五月の読書まとめ。

ほとんどが参考文献というのが…残念。もっと多様に読んでいきたい

2013年5月の読書メーター
読んだ本の数:4冊
読んだページ数:1432ページ
ナイス数:12ナイス

近代支那教育文化史―第三国対支教育活動を中心として (1942年)近代支那教育文化史―第三国対支教育活動を中心として (1942年)感想
昭和17年五月五日初版印刷、四円五〇銭。アジア太平洋地域で日本が一番ブイブイ言わせてた時のもの。副題にある通り、日支以外の国の教会・宣教師を中心とした中国における教育活動を叙述するのだが、「東亜新秩序」と「日満支連帯」の観点から書かれている為色々面白いことが書いてある。尤も民国期に於ける中国公教育のアメリカ化は園田茂人,新保敦子『教育は不平等を克服できるか (叢書 中国的問題群 第8冊)』(岩波,2010)に於いても指摘されていたし、教育への進出を思想的・文化的侵略と捉える考えは根強いものがあるだろう。
読了日:5月20日 著者:平塚 益徳
国際政治 (放送大学大学院教材)国際政治 (放送大学大学院教材)感想
積読消化。リアリズムのくだりはほぼ「あっ、これ、Hearts of Ironでやったころだ!」ってなった。HoIは偉大なり。
読了日:5月6日 著者:藤原 帰一
現代支那満洲教育資料 (1940年)現代支那満洲教育資料 (1940年)感想
東京文理科大学・東京高等師範学校紀元二千六百年記念会編。文理科大学は筑波大学の前身で、東京高等師範学校に併設されることになった大学である。戦前から現在まで一貫して関東の教育の総本山たるこの学校が皇紀二六〇〇年を機会に編纂したのがこの「支那」と「満洲(國)」の教育史であった。「支那」編に関して言えば、先日読んだ『中国現代教育史』と通史的な理解は(イデオロギーの色を除けば)大筋ではそれほど変わらなかったように感じた。満洲編は、色々気になっていた点が明示されていてニンマリした。付録も充実。
読了日:5月4日 著者:
中国現代教育史 (1962年)中国現代教育史 (1962年)感想
1962年の本。中国の近代をアヘン戦争の「西洋の衝撃」以降と定義し、「階級 = 民族史観」による教育史の概説を目的としている。両著者は文革を初期に絶賛した人物であり、叙述もイデオロギーありきのため、それぞれの時期に於ける「反体制(革新)」と「体制(反動)」の位置付けや、「新中国は人民政権のため、体制と反体制の観念は意味をなさない」など無理している点で苦笑したが、"ストーリー"を把握する上では、こうしたカラーがはっきりしていて距離の取り易い史観を通じて見てみるのにも意味があるのではないか…とか思いました。
読了日:5月2日 著者:斎藤 秋男,新島 淳良

読書メーター



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)

関連記事
スポンサーサイト

メフテル

久々の早稲田上陸。半年ぶりとかではなかろうか。
メフテルの演奏を予約していたのだが、入場時間に着いてみると「整理券」なる謎のシステムが出来ていて、入り口の女から貰った整理券を持つ人が大隈講堂の狭い入り口に詰め掛けていた。人混みを掻き分けてその女に整理券のシステムを尋ねると、「既に御予約の方は後ほどご案内いたしますので御待ちください」とのこと。予約の有無に関係なく、予定時間よりも早く講堂前に溜まっていたジジイババア達が優先的に席を選べるということか。大体このイベント、事前予約制じゃなかったか…?(´・ω・`)
しかも、ようやく入れるようになると案の定予約の確認などは一切行われなかった。FBやTwitterでは、電話で予約を行おうとしたところ満席を理由に断られていた友人知人が居るので、これは余りにも「トルコ的」で酷いな…と思った。トルコに関しては、「乗客挟んで私語しながら、乗客の足に飲み物をこぼし続けるトルコ航空のCA」「セクハラをしてくるサウナの糞ホモ従業員」に並ぶ第三のエピソードが追加されてしまった。

wase1
※「日本人は震災などの時でも列に並ぶなどちゃんとルールを守る」などという“国民性”がしばしば強調・称揚されるが、そういったものはコミケの誘導員の如く優れた段取りが無ければクソほども発揮されず、むしろ“アジア的な”図々しいジジイババア・泣き叫ぶガキという阿鼻叫喚しか待っていないという好例


演奏自体はとても楽しめたし、きれいになったキッチンオトボケも行けたのでまあ満足ですが笑

wase2
メフテル、一度にいろんな種類の曲目を聴くのは初めてだった。不思議な響きですよね。モハーチの戦いでは500個の大太鼓が使われたそうですが(写真右側)、まともに打楽器を使っていなかった当時のヨーロッパ人にとって、そんな数の太鼓の響きは本当に得体がしれなくて恐怖が煽られたことでしょう。

wase3
ドカ盛り。食いすぎた。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)

関連記事

くらやみ祭

お久しぶりです。
何か最近は写真をUPしてまとまった記事にするにはFBというシロモノが便利すぎるし、ちょっとした写真とコメント程度ならInstagramとTwitterで全然OKなので、どんどん怠惰になっています。140字で切り分けられてゆく思考…実際まとまった長い思考を追えなくなっているような気がします。本を読もう本を。
ところで、5/4,5と府中のくらやみ祭に行ってきました。
ここでは5日撮ったものをUPします。
特に、提灯や烏帽子のデザインに魅了されたので。

kura1

kura2

kura3

今度府中に行く時ははビール工場見学しに行こうと思います。



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)

関連記事

古本まつり

tumblr_mcx6rlNwL41rk972wo1_1280.jpg

神田古本まつり戦利品。
草柳大蔵『実録・満鉄調査部』200円

平泉澄『傳統』500円(!もとは6000円もしてた、そんなに価値ないんか!)
平泉の隣にホブズボーム『創られた伝統』を並べたい。


そんなわけで、告知。
我々満洲研究会は、
来るべき「コミックマーケット83」に出展いたします!!欣快慶賀!!

受かったどーー!!

というわけで、冬コミ一日目、29日(土)は是非とも
東地区 ”P” ブロック 07b
へお越し下さい!!



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)

関連記事

太好了!満洲日和

Wgx3k.png
※画像は東條の人(Twitter:@Ayukawa_Reiji)に作っていただきました!王道政治!我們的光明來了!

今週は中々に満洲充だった。
まず水曜、桜上水の日大文理学キャンパスで開催されている『描かれた〈満・蒙〉―「帝国」創造の軌跡―』展に滿研のみんなで行く。満洲に関わるポスターが多数展示されている。後半は展示が一部入れ替わるらしいので再訪したい!
入場無料。オススメです!

そして木曜、来月に蘭星会の第一回取材が行えることに!期待に胸が膨らむ。

そして今日の昼、満鉄会最後の大会が復原された東京駅駅舎の東京ステーションホテルで行われた。ここでも、満鉄のポスターが多数展示されており、また社員だった方々やその親族と少しばかりお話しすることができた。松岡洋右第14第満鉄総裁の四男の方にも会えた。満洲の微粒子を存分に吸い込んで、本郷へ。

広報誌原稿も頑張らなければ!やる気が滅茶苦茶注入された三日間でした。
来週の定例会も楽しみ!バーデンバーデン!



にほんブログ村 写真ブログ 廃墟・廃屋写真へにほんブログ村 大学生日記ブログへ
↑みなさんの応援が更新の気力です!(`・ω・´)

次のページへ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。